2017年07月20日

アイヌ文様の美しさをWEBにも。

北海道に来てから図書館でアイヌ文化に関する本に触れることが多くなった。そうした本をを読むうちに、アイヌが使っていた品々の独特のデザインに強く惹かれるようになった。シトキやタマサイといった装飾品、着物に施されたアイヌ文様には北海道の自然と同じ厳しさや生命力や美しさを感じる。おそらくアイヌの自然観や生命観、北の大地の厳しい自然の中で生きる厳しさや知恵などが凝縮して表われているのかと思う。本で見るだけでなく地元の博物館などでアイヌ関連の展示があれば見に行くようにした。いつしかパソコンの中にアイヌ関連の画像や切り抜きが溜まっていった。

あるときホームーページで一部にアイヌ文様デザインの素材を使いたいと思うことがあって、ネットで探してみたけれど適当なものが無く諦めねばならなかった。自由に使えるアイヌ文様やアイヌ柄の素材があればいいのに。無いのならいつか自分でアイヌ素材のサイトを作りたいと思うようになった。

そして今年、念願だったアイヌ文様の素材サイトを作った。
アイヌ文様フリー素材【モレウ】
図書館で閲覧できる古いアイヌの着物の図録などを元にして、素材のデザインを考えている。素材サイト作りは夫婦の共同作業だ。素材の考案、サイト作り、更新作業を妻が担当、素材制作を夫が担当。夫のIllustratorも妻のWordpressもほぼ初心者なので、つっかえつっかえ苦心しながらやっている。素材だけでなくコラムや北海道の写真などもだんだん増やしていければと思っている。
posted by kobune at 16:57| 北海道・オホーツク | 更新情報をチェックする