2017年02月08日

シクラメンLOVE

鉢植えのミニシクラメンが咲きそろってきた。写真のミニシクラメンは3年モノだ。近くのホームセンターで買ったときは7センチくらいのビニールポットだったけど、植え替えをして今は4号鉢になった。6年モノのシクラメンもあるけどまだつぼみで咲くのは4月くらいだ。

昔からシクラメンの花が好きで何度も購入してきた。特にミニシクラメンが大好き。鮮やかな花色に透明感があるのは冬の花だなぁと思う。うつむいて咲く姿が清楚なだけじゃなく一種の緊張感もあって。株がまとまるところ(花と葉のバランス感が抜群)や葉も美しいなど魅力いっぱいな花だと思う。カガリビバナという和名は可愛いし言い得て妙だ。そこにあるだけでホッとする小さい鮮やかなかがり火。ほんとそんな感じ。
IMG_1738-2.jpg

埼玉に住んでいた時はシクラメンは「1度楽しんだら終わり」の花だった。高温多湿な環境では夏越しできないからだ。いちど「どうしても夏越しさせてやる」と決心してやってみたことがある。花が終わったら水やりを完全にストップするとシクラメンは休眠期に入るので、葉をぜんぶ取り除いて戸外の風通しが良くて日差しと雨が当たらない場所に置いておいた。むき出しになった根茎は夏の間はひからびたようになっているけど、秋が終わるころ針の先くらいの小さな白いぽつぽつが頂部に現れる。これが葉の赤ちゃんなのでそれから少しづつ水やりしていくと、ぽつぽつはやがて小さな葉になって伸びていく。はじめて夏越しに成功して新葉が出てきたときは有頂天になったものだ。でもその後に水と肥料をやっても葉は少なくまばらなままで、花は結局小さいのが一、二輪しか咲かなかった。盛夏は37-8度にもなり夏が長い埼玉ではここまでか..うーん。

それでも毎年冬になるとシクラメンを買っていた。誕生日・クリスマス・お正月とイベントが続く12月が近づくと、風景が冬枯れてくるのと反比例して街が賑わい出し心が弾む。そんな季節に、お店に並ぶ可愛いシクラメンの鉢植えを見ると買わずにはいられないのだった。可愛いかがり火を冬の部屋に点したくなるのだった。

今は北海道なので夏越しは楽々だ。花が終わっても休眠には入らず葉を付けたままなので、室内の涼しいところに置いてたまに水やりをすれば、そのまま夏を越し秋には新しい花芽をつけてくれる。年が明ける頃から葉がどんどん茂ってくるので、自分で葉組みをしなければならない。つまりつぼみをよく日の当たる中心に持っていって葉がつぼみの下になるように、葉っぱ同士をうまく組み合わせていくのだ。これをやらないときれいな花が咲いてくれないし、葉っぱがとっちらかって見た目もよろしくない。シクラメンは株の成長はゆっくりだけど根茎が年々大きくなるので、2年に1度くらいひとまわり大きな鉢に植え替える。そうして年々少しづつ株が大きくなっていく。
ただし、夏越しした翌年からは春に花が咲くようになる。秋冬の花でスタートしたのが春の花にスライドするのだ。それに店頭で購入した鉢植えのように秋から正月くらいまで長々と咲くのではなく、2〜4月の間に開花すると2-3週間で咲ききってしまう。一気に咲く分、満開の花には勢いと生命力が感じられる。

北海道に来てからシクラメンは本来の多年草として何年も育てられる花になったわけだけど、家のシクラメンが咲くのは春なので、今もやっぱり冬になるたび新しいシクラメンが欲しくなってしまう。年々シクラメンのバリエーションは豊富になって新品種が増えている。昨年末に売り場で見て驚いたのはセレナーディアという青いシクラメンだ。青というか紫なんだけども実に鮮やかで美しい青紫色で見とれてしまった。青いバラの開発にも意欲的なサントリーが開発したということだ。シクラメンの花は開花して時間が経つと自然にブルーイング(青っぽくなること)してくる。ブルーイングしたセレナーディアは本当に青いシクラメンの雰囲気だった。少々お高くて買わずにスルーしちゃってちょっと後悔。来冬にはぜひ青いシクラメンをゲットしたいと今から手ぐすね引いている。

posted by kobune | favorite

2016年07月22日

帯広の森球場でファイターズ観戦。

2016年7月20日、快晴の帯広の森球場で行われた日本ハムファイターズ対楽天イーグルス戦を観戦してきた。球場での観戦はなんと19年ぶり。北海道に来てからはもちろん初めてで、この日を凄ーく楽しみにしていた。eos kiss2のキットレンズじゃ厳しいかと思ったけど、カメラこれしかないしせっかくだから写真をたくさん撮ってきた。ピントを固定にするか迷ったけどあちこち写したかったのでAFに。結果ピンぼけも多くなった。だって打席もピッチャーも外野もベンチも欲張って撮りたかったんだもの。
平日だったが年に1度の帯広開催を心待ちにしてた人たちで外野まで超満員。うちも休みを取って行った。座席は三塁側内野バックネット裏。(ネットが邪魔でずっとピント合わせに苦労した。)楽天サイドだったけどほとんどがハムファンだった。夏の日差しが照りつけ、風も無いので汗だくになりながらの観戦。この暑さの中で審判さんたちと着ぐるみのゆるキャラは本当にご苦労様だなぁと思った。とくに試合前に子供達と一緒にベースランニングしたりしてたゆるキャラは熱中症で倒れてしまわないかハラハラした。

メンバー表交換。栗山監督も梨田監督も腰が低くもの柔らかな雰囲気。栗山監督は見えないものを大切にするスピリチュアルな人だと思う。
Img_0672.jpg

国歌斉唱。私も起立して歌いながら撮影。
Img_0676.jpg

守備に向かう田中賢介。かっこいい。
Img_0682.jpg

ファイターズのスタメンオーダー。
先発は吉川光夫。今日は頼むよ!なんとか5回は投げ切って欲しい。
絶対にこの試合に勝ってソフトバンクを追撃するんだから。
Img0690.jpg

捕手は大野奨太でプレイボール。大野はとても色白だった。
Img_0694.jpg

1番は西川遥輝。初回四球で出塁、犠打も決めたし適時打も打ってリードオフマンの役割をしっかり果たしていた。走塁死や守備で判断が遅れて球をそらす場面もあったけど、振幅の大きさも西川らしさと思う。スタイルが良くて写真映えする。
Img0830.jpg

2番・田中賢介。状況を読む能力とここ一番での集中力に抜きんでていて、痺れる場面での勝負強いバッティングで魅了してくれる大好きな選手。近くで見られて興奮した。ピンクのリストバンドがトレードマーク。ちなみに野球選手のリストバンドは何の意味があるのか調べてみたら、手の方に汗が流れてこないよう汗止めの役割だそうだ。
「ども、今日はよろしく」「あ、ども」
Img_0709.jpg
内股に構えるのが賢介スタイル。
Img_0852.jpg

3番は絶好調の陽岱鋼。15連勝は陽の貢献度が絶大だった。この日も2安打1四球と活躍した。スリムな選手と思ってたけど間近で見たら下半身がすごく筋肉質で迫力があり、スターらしい華やかな雰囲気があった。隣の座席の女性が「陽クンは黒髪短髪にして大正解!イメチェンしたらイケメンになったし」と力説していた。私もそう思う。
Img_1292.jpg

不動の4番・中田翔。最近やっと調子が上向いてきて、得意の帯広でこの日は3安打の活躍。座席がちょうど一塁正面にあたる場所だったのもあり、夫はしきりと中田の守備の上手さに感心していた。
Img_0870.jpg

Img_0751.jpg

5番DH・大谷翔平。今回の帯広観戦の最大の目的は「生の大谷翔平を見たい」ということ。ネクストバッターズサークルからシャッターを切り続けた。(おかげで中田の打席はあまり撮れなかった。)11号ホームランの瞬間は私も立ち上がって歓声を上げてたので写真撮れなかったけど、目の前でダイヤモンド一周を見られて幸せ。
Img_0773.jpg
塁上では楽天の投手交代の間に一・二塁間を何度も走ってウォームアップしていた。
Img_1206.jpg

Img_1174.jpg

打席に入るとき選手にはそれぞれのルーティンがあって、それを見るのが楽しかった。打席で屈伸する田中賢介と中島、じっと集中力を高めながら入ってくる大谷、中田翔はネクストから打席に入ってバットを構えるまでの間にいろいろ細かいルーティンがあるようだった。

6番・レアード。ホームランを期待したけどこの日はノーヒット。最近ちょっとバットが湿り気味?プレー中以外は客席から声をかけると気さくに笑顔を向けてくれる。守備もメジャーぽい雰囲気が様になっててかっこ良かった。
Img_0786.jpg

7番・岡大海。この人の登場曲が一番インパクトある。エースをねらえがかかると「次は岡か」とすぐわかる。復帰以来ずっと打撃好調で打線を活気づけている。
Img_0926.jpg

8番はファイターズのキャプテン・大野奨太。今シーズンは打撃が見違えるように好調で嬉しい。この日も終盤にダメ押しタイムリーを放った。(しょーたー!!と声を出して応援した。)日本代表に呼んで欲しいなぁ。代表入りを経験するととても勉強になるし、捕手としてステージアップできると思う。
Img_0812.jpg

9番は中島卓也。現実主義者で堅実なプレーが持ち味。バントは一番確実に決めてくれるし俊足なのに盗塁も慎重で確実性重視。もうちょい内角に対応してくれると言うこと無しかも。全身に躍動感があって写真映えする選手。
Img_0950.jpg

試合は前半はシーソーゲームだったけど吉川が5回につかまる。一死三塁になったところで吉井コーチが出てきたと思ったら、あっという間に交代になってちょっと笑った。結局5回保たなかったか…。
IMG_0938.jpg

投手交代のアナウンスで白村の名が告げられたときには思わず「ええーっ(遺憾)」と大声を出してしまった。白村はこの後ウィーラーに同点打、今江にソロHRを浴びてしまい2-3と逆転される。やっぱり…。
5回裏はハムのビッグイニングになった。先頭の中島がヒットで出塁。続く田中はゴロで中島は三本間にはさまれるが、必死に逃げて田中を三塁へ進めるナイスプレー。次の中田翔が適時打さらに大谷翔平の勝ち越し3ランで球場内ボルテージは最高潮。ああ帯広まで来て本当に良かった。このあと岡もタイムリーを打って7-3と楽天を突き放した。ファイターズらしい集中打と好プレーが見られて嬉しかった。

中島が出てサインを出す白井三塁コーチ。
Img_0955.jpg
監督・ベンチとハイタッチ。
IMG1042.jpg

先発の吉川が5回保たなかったのはアレだけど、いろいろなハムの投手が見られたのは良かった。
6回から登板の谷元圭介。166センチと小柄なのに球が速いと知ってはいたけど、間近で見たら本当に速くて夫も感心していた。リリーフ職人という感じでプロらしい渋い選手だけど今年は調子が今ひとつ。でも帯広では2回をきっちり三者凡退に抑えてた。
IMG_1071.jpg

8回からリリーフの道産子・鍵谷陽平。ランナー2人を出したけど後続をしっかり断って仕事を果たしてくれた。個人的には三振を取れる球種があと1つあるといいなぁと思う。
Img_1240.jpg

9回は最近あがってきた新垣勇人が3者凡退に仕留めてゲームセット。面倒見の良い鎌ヶ谷の兄貴でかつ頭の良い人。Twitterが人気がある。サインボール投げのとき同期入団の大谷翔平と肩を抱きあってたのが印象的だった。
Img_1345.jpg

楽天の選手たちも少し。
座席についたときちょうどバッティング練習中だったオコエ瑠偉選手。本当に去年まで高校生だったの?ってほど迫力のある体格だった。この日は出番が無くて残念。
Img_0613.jpg

楽天の先発・ブリガム投手。低くて柔らかいマウンドに苦戦し投げにくそうだった。帰宅後にビデオで見たら、コースをよくついてて落ちる球もあるしカッカすることもなく悪くないピッチャーだと思った。特にクイックが早い(西川が刺された)。足立祐一捕手も嶋が不在の中がんばっていた。
Img_0827.jpg

藤田一也選手。横浜時代から見てたけどここまで良い選手とは知らなくて、楽天入りしてから好守&しぶとい打撃での活躍に目を見張った。この日はファールボールがうちの座席の近くによく飛んできて、藤田が打席に入ると「そらくるぞ」とみんな身構えてた。
Img_1350.jpg

今江敏晃選手。ロッテのイメージが強いのでまだ楽天ユニに違和感があるというか。パンチ力のある打撃は健在で5回に白村からHRを打った。でもその裏レアードのゴロを見事にトンネル。ある意味貴重なものを見せてもらった。
Img_1254.jpg

銀次選手。この人の気合い溢れるプレーが好き。バッターボックスでも気迫十分で見応えがあり楽しかった。この日ハムの投手陣は銀次になんと4安打された。
Img_0792.jpg

試合以外の感想など。
気になったのは選手の登場曲以外にも常に音楽がかかっていたこと。JASRACへの支払いを心配してしまうレベルでイニング間も、試合前・試合後も常に音楽がかかっていて煩く感じた。以前は音楽がかかるのは選手がバッターボックスに入る時くらいで、それ以外はざわめく球場の雰囲気を楽しんでいたものだが。でもまぁ仕方ないのかな。昔ほどプロ野球人気が無いので、今はどの球団も観客の気を引くような雰囲気作りに熱心だ。それ自体は良いことだし、子供達は音楽に合わせて体を動かしたりして楽しんでるようだったし、これも時代なのかも。

暑くて観戦は大変だったけど屋外はやっぱり気持ちいい。野球は青空の下でやるのが最高と再認識した日だった。
Img_1166.jpg
posted by kobune | favorite

2014年11月03日

蛍石コレクション。

蛍石(フローライト)が好きだ。8月に転載した2009年の記事では”仕舞い込むなら無駄なのでコレクションはしない”と書いたけど、その後ちゃっかりネットオークションと東京ミネラルショーで蛍石を手に入れた。コレクションというにはささやかだけどマイ蛍石たちをご紹介。

ミネラルショーで購入した中国産のフローライト。横は約9センチ、高さ5.5センチ、重さ515グラム。
このときは大きめの蛍石が欲しくて、割合安く買えたことと、淡いグリーン色が好みにぴったりで気に入っている。この石を見てると紋別でガリンコ号に乗って流氷を見学したことを思い出す。海岸では真っ白な巨大な氷塊だけど、沖に出て見るできたての流氷は、かき氷をゆるくまとめたみたいな不安定な形をしている。この石はできたての流氷をそのまま石化したみたいなみぞれっぽい感じ。儚げでおぼろげなグリーンも紋別の海で見たあの”流氷みぞれ”の色だ。片手に乗せてみると意外にすべすべしていて、ちょうどよく手に収まる重みと安定感のある形なのだった。
flo01.jpg

八面体フローライトいろいろ。右上のブルー2つはネットオークションで、あとはミネラルショーで購入した。一番大きいので3.5センチ、小さいので2センチ強ぐらい。
研磨石は好きじゃ無いけど八面体にカットされた蛍石は好き。割ったままの表面がざらっとしている方が、蛍石の「ガラスの塊っぽい感じ」が強調されるから良いのだ。
ブルーフローライトはアメリカ産とあったので、イリノイかニューメキシコのどちらかだろう。薄いグリーンの石はミネラルショーで1個200円くらいで、山になっている中からすごく迷って選んだ。
flo02.jpg
薄い緑、紫、ブルーと好きな色の蛍石は揃ったので満足。ピンク色のフローライトもあるそうなので、いつか手に入れてみたいと思っている。
posted by kobune | favorite

2014年08月10日

ほたる石

旧ブログで書いた記事の再アップ。少し手直ししました。(2009/3/27)
++++++++++++++++
hotaruisi1.jpg
フローライト、和名は蛍石。
名前の由来は蛍光を発する性質があるためだとか。
紫外線をあてると暗いところで青く光るそうだ。試したことはないけど。

クラフトを作るようになってフローライトがとても好きになった。上の画像はアクセサリー素材の店で買った一粒5ミリ前後のさざれに糸を通したもの。下はやや大きめのさざれビーズとタンブル。蛍石のタンブルはネットの友人がプレゼントしてくれた。その時はフローライトという石を知らなかったのだけど、透明感のある薄青い石が気に入った。
知らないで何気なく買っておいたフローライトビーズが、ふと合わせてみた浮き玉やシーグラスと見事にマッチすることがわかった。以来それらで作品を作るときは蛍石のビーズは脇役としてなくてはならない素材になった。少し褪めたようなブルーグリーンは浮き玉と同じ色、そしてまるでガラスそのものの色。少し紫が入るのもいい。グレイッシュなブルーグリーンも紫も、大好きな色だ。鮮やか過ぎず透明すぎずキラキラし過ぎない控えめなところも、心が穏やかに静まる感じで好もしい。蛍石はパワーストーンとしては精神の安定や浄化といった効果があるらしい。特別高価でも貴重でもないけど、数ある鉱物の中で一番好きかも。ミルクオパールやブルームーンストーンなど水のイメージの宝石は昔から好きだったけど、フローライトは宝石めいていないのが親しみがわく。拾った石や貝殻やガラスの破片と並べて同じように愛せる雰囲気がある。もっともフローライトは色には幅があって、黄、緑、青、紫、灰色、褐色などさまざまだそうだけど、アクセサリーやビーズに加工されたりでよく目にするのはもっぱら緑や紫の石が多い。球やらハート形に加工された石は好かないので、クラフト素材用にはナチュラルなさざれやタンブルを購入している。コレクション用に原石か八面体結晶でも買おうかと思ったこともあるけど、仕舞い込んでしまうなら無駄な気がしてやめた。(飾っておくのが苦手。いつか載せたアンモナイトも引き出しの奥にひっそり仕舞ってある。)その代わり素材としてのさざれやビーズがいつも手元にあって、手にザラザラと盛ってみたり、こっそり首にかけたりしている。こんな風にして気さくに楽しむ方が性に合っている。
hotaruisi2.jpg
posted by kobune | favorite

2013年08月07日

タカラトミー ジェニーフレンド シオン購入、顔カスタマイズ。

昨年の暮れあたりに急に着せ替え人形が欲しくなって、あれこれ迷って購入したタカラトミーのJENNYジェニーシリーズの「シオン」という人形。横わけヘアが気に入ったのだ。
sionmae.jpg
もともと人形好きではないんだけど、そのときはガレスピューとかティエリミュグレーとか先鋭的で未来チックなファッションにはまっていたので、自分で衣装を作って人形に着せてみたいと思った。でも届いた人形は体が硬くてぜんぜんポーズが変えられないし、顔がイマイチ気に入らなかったりで、結局放置してあった。放置の間も恨まれてるような気がしたり。(こういう風に感じてしまうところが人形が好きになれない理由。)
このところ暑くて調子が出ないし、気晴らしがてらやっと顔カスタマイズに着手してみた。下の画像がアフター。
sion.jpg
眉毛が大幅に変わっているのがおわかりいただけただろうか。
検索するとけっこう人形カスタマイズしているサイトが出てくるので参考になった。まず除光液で眉毛を拭き取り、(ぜんぶ消しちゃうと描くときツライのでうっすら眉山を残す程度に)面相筆にアクリル絵の具で眉毛を一本ずつ描いていく感じに。私の好きな直線的な眉にしてみた。色は髪の毛に近い色で。眼は中を白く塗りつぶした後、新たに瞳を描き入れた。好みでちょっと三白眼というか、下に白目を出して睨み系の強い眼にしてみた。私はパワーガールが好きなので、前のシオンの生気の無い感じを一変したかった。唇もぺとっとしたピンクだったのを今風なヌーディオレンジに変えた。口角を下げたかったので、口の両端を針で下に向かってぐっと押してから塗っている。眉も眼も一度ではうまくいかず、2-3回やり直してまぁこんなものかなと。
初カスタマイズの感想としては、初めてにしては思っていたよりうまくいったけど、まつげがまだお人形さんぽい感じ。上手な人はまつげも全部消して描くみたいだけど、さすがに私の古い面相筆では無理。
次は衣装。もうすっごい悩んでいる。クールで強くて美しくてカッコいい女の子が好き。そんな感じにできたらいいな。
sion2.jpg
posted by kobune | favorite

2013年06月14日

ラッキョウという字は辣韮と書く

「新ラッキョウが出たから送るね」といって、母がたくさんラッキョウを送ってくれた。
いつもは塩漬けして送ってくれるのだけど、「リューマチで手が痛くて皮がむけない」ので今年はそのまま送られてきた。だからネットでやり方を調べて漬けてみた。自分で漬けるのは初めてだ。
rakkyo1.jpg
まずラッキョウを水に浸けて泥を落とし、房を割って、薄皮を次から次へと剥いていく。長く水に浸けておくと良くないらしいので手早くやる。2キロもあるとたいへん!
次にラッキョウの上下、根っこと芽の部分を切り落とす。それを新聞の上にならべて、外で1-2時間くらい陰干し。水気が乾けばいいのだそうだ。そしたらラッキョウの全体の重さの5%の塩をまぶして瓶に漬ける。

1週間〜1ヶ月くらいから食べられるらしいけど、私は2日めからバリバリ食べている。全部漬けないで10個くらいはその晩天ぷらにして食べた。低めの温度でゆっくり揚げる。外はパリパリして中はほっくりして、とても美味しい。母が作ってくれる、浅く塩漬けになったラッキョウを油でゆっくり炒めて、みりんとしょう油に漬け込んだのも大好物。そっちも今年は自分で作ってみたい。けど、塩漬けが完成するまでにラッキョウが残っているかどうか。
rakkyo2.jpg
これを書いてる時点で半分に減っています。。
posted by kobune | favorite
広告