2015年12月18日

2015年のクリスマスリース

215xa.jpg
身近な材料を使って2015年のクリスマスリースを作った。
材料:乾燥アジサイ、カラマツの実、浮き玉、貝殻、ウニ殻、ヒトデ、ほおづき、フェイクの実、リース台(100均のもの)
近年は松ぼっくりや針葉樹の葉などでオーソドックスなリースを作っていたので、2015年は伝統的なクリスマス風から離れてパステル調のリースにしたいと思った。あまりクリスマスぽくないけど気に入っている。

【白い落葉松の実】
落葉松山に囲まれて住んでいるのにこれまで実を拾ったことがない。今年のリースはカラマツでいこうと、秋に実を拾いに行った。それでわかったのだが、カラマツの実は木にずっと付いたままでほとんど落ちないのだ。実を手に入れるには木から直接採らないとならない。何度か山に行って手が届くところにいい感じの実がついてる木をやっと見つけ、袋いっぱい採ってきた。
次は憧れの白いカラマツの実にする作業。濃いめの漂白剤に実を漬けて1週間待ってみたけど、少しだけ色が薄くなったかなという程度。仕方ないので染めることに。壁を塗ったときの白ペンキが残っていたので、カラマツの実にワイヤーを巻き付けて、水で薄めたペンキにひとつづつ漬けて乾かした。これで白くなったけど、カサ同士がペンキでくっついて乾燥しても実が奇麗に開かなくなってしまった。悲しい。
125xb.jpg

【ラメパウダーで貝殻&カラマツをおめかし】
庭のアジサイの花が終わってから切らずにドライフラワーにして楽しんでいたのが、急に冷えた日に霜にあたり色が変ってしまった。きれいな部分だけを採ってリースに使った。
貝殻類は手持ちのもの。ウニ殻とカラマツ実にはラメパウダーを付けておめかしした。先にポバール(PVAのり=洗濯糊)を筆で塗っておいて粉をパラパラかける。小さいヒトデも星をイメージしてたっぷりとラメ。粉が着きすぎてもポバールなら乾いた後で掻き落とせるので便利。ラメパウダーは100均店で色とりどりに売っているのが嬉しい。子供の頃にはこういうものなかったし、たとえ売ってても高かった。ラメパウダー大好き。
215xcc.jpg

【実は紙粘土で作る】
赤いつぶつぶの実は100均で購入した。ピンクペッパーかと思ったら発泡スチロールの作り物だったけど、色が可愛いし本物ぽい雰囲気。それなら自分でも作れると思い、軽量粘土を丸めて乾かしてからワイヤーにボンドをつけて突き刺し、アクリル絵の具で色を塗った。青い実は絵の具を何色が塗り重ねてから艶出しニスを塗り、金色の玉はタミヤカラーアクリルミニX-12ゴールドリーフを塗った。タミヤカラーの金色と銀色の塗料は自然の素材に使っても違和感ない色なのでよく使う。水性で手軽に扱えて値段が安いのも◎。

【ほおずきに色を塗る】
だいたいは出来たけど華やかさが足りない気がした。綿の実をつけたいけど、手持ちのモノでそれらしくできないものかと考えて、思いついたのがほおずき。以前、網目状にして遊んだほおずき(網ほおずきというらしい)があったので、袋を開いて内側と外側にアクリル絵の具を塗ってみた。絵の具が乗らないかと思ったけどちゃんと塗れて意外に可愛い。ほおずきの中に最初フェルト用ウールを丸めて入れてみたけど、なんか違う。脱脂綿に替えてみたらいい感じになった。
posted by kobune at 14:31| クラフト | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

ワイヤーの動くおもちゃ・オートマタ作品「土星とカッシーニ」

オートマタ作品「土星とカッシーニ」をサイトにアップした。
土星がくるくる回る作品を作りたいと思って、土星は黒く燻した銅ワイヤーで作り、飾っておくだけでおしゃれなオブジェになるようレトロシックな雰囲気にまとめてみた。
saturn1.jpg
胡舟クラフト「土星とカッシーニ」 

実は最初カッシーニではなく、土星の衛星タイタンのつもりのとんぼ玉が付いていた。でもなんだか物足りなくて「土星探査機をつけてみたら」と思いつき、ネットで見たカッシーニの画像が格好良かったので、画像を頼りに作ってくっつけてみた。結果よりユーモアのある作品になったと思う。タイタンはひび割れビー玉(いい感じにひびを入れられたお気に入り)に変えて箱に固定した。
ちなみに箱はダイソーで買ったものだけど、目止めをしてからアクリル絵の具を7.8回塗り重ねニスも4回くらい塗ってるので、かなり深みのある色になっている。ニスは私の場合、まずつや有りを塗って乾かしてから、つや無し・つや有りを混ぜて好みのつや具合に調合したニスを何度か重ね塗りしている。つや無しニスは木にいきなり塗ると気泡が出やすいので、先につや有りを塗ってから塗るといいそうだ。
回るときに音が無いと淋しいので、小鈴がいっしょに回って音を立てるようにしてみた。
土星が回転する動画


ところで、2013年にこのSeesaaブログに引っ越してから趣味の手作り品はちょこっと載せてたけど、胡舟クラフト用の作品のアップはこれが初めてになる。(今さらっと過去記事に目を通してびっくり。)ここ2年は家庭の事情で製作ができなかったからなぁ。今年になって製作再開を決めたものの「もう作れなくなってたらどうしよう」とけっこうプレッシャーがあったので、今回のこの土星オートマタが完成してかなりホッとしたのだった。やれやれ。
posted by kobune at 22:10| クラフト | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

ニードルフェルトでりんごのピンクッションを作る。

ringo1.jpg
買ったまま放置してあった羊毛フェルト用の羊毛(未染色)でピンクッションを作ることにした。どんなデザインにしようか、なんか面白いのがいいなとネットで画像を見ていたら、羊毛フェルトのりんごが可愛かったので、りんごのピンクッションに決定!

参考にしたのはこちら。
etsyのりんご 凝っていて可愛い。

【自作のニードルが活躍】
まずはりんごの形を作る。羊毛の塊をりんご大に丸めてニードルでぐさぐさ刺してみるが、刺しても刺しても固まらない。丸1日刺し続けたのに手で握るとまだグニグニしている。もしかして小さめの玉から徐々に大きくしてくのが正解だったかも!?と気づいたけど後の祭り。いつも適当にぐさぐさやって形になればいいやって感じなので、ニードルフェルトはほぼ素人だ。仕方なくリンゴ大の毛の塊と格闘するうち、力が入りすぎてニードルが折れてしまった。レギュラーの針は1本しか無いのに、ショック。。

すぐニードルを通販で注文したが、届くまでは2本ある仕上げ用極細針で作業を進めることに。2本一緒に持って刺していく。すっと通るのでむしろやりやすくなった気がする。でも2本一緒に持つと針先がずれやすくて軽いストレス。そこでちょっと工夫してみた。
needle.jpg
木片の上に極細ニードル2本を並べてエポキシパテで固め(写真左)、このままでは見た目がアレなので布で巻いた(写真右)。この手製の2本針はすごく具合が良い。まっすぐに針が入るので作業スピードが格段にアップしたし、折れにくくなった気がする。毛羽立ちの処理にも2本針は便利。簡単にかなり使えるツールが作れたので、気分良く作業を進めてようやくりんごが形になった。

【羊毛は食紅でもけっこう染まる】
次は赤く染めることに。染料は余り物の利用で食紅と赤インクを混ぜたもの。食紅ほぼ1本と赤インク少々と水を小鍋に入れて煮立て、白りんごを入れてトングで時々上下返しながら少し煮る。火を止めて完全に冷めるまで放置(途中で一度上下を返した)。
赤くなったリンゴを水で洗う。ぎゅっと絞ってまた洗いを何度か繰り返して、赤い水があまり出なくなったので、お酢と塩を多めに入れた水でリンスして色止めし、よく絞って染色終了。いちおうネットで調べたものの色止めはかなり適当だ。重曹があれば重曹も入れた方がいいらしい。食紅ではどうだろうと思っていたけど、フェルトはきれいに真っ赤に染まった。ややピンクっぽい赤。






【りんごの茎と葉を作る】
乾燥させている間にりんごの茎と葉を作る。茎はモールに茶色の毛糸を下からくるくると巻き付け、上まで行ったらまた巻きつけながら下り、2往復して4重に毛糸を巻き付けた。毛糸の上からニードルで刺してしっかり固めて茎はできあがり。
葉は100均で買った緑色のフェルトをボンドで3重に貼り合わせてから、葉っぱの形に切った。りんごに差し込むので、葉の根元の部分を長めにしておいた。

【毛糸をほぐしてウール作り】
半日掛けて乾かしてみたら、りんご大だったりんごは野球の硬球くらいに縮んでいた。染色の時に押したり絞ったりしたせいか、上下のくぼみが無くなってただのボールみたいだ。再び2本ニードルで刺してりんごの形に整えたけど、なんだか不満。ピンクがかった赤がいまいちりんごらしくないし、全部が同じ色あいでニュアンスに乏しい。なので色を足してもう少しりんごっぽさを出すことにした。
手持ちの毛糸をほぐして差し色用の素材を作る。真紅、黄色、クリームイエロー、ライトグリーンの毛糸を、5センチくらいに切って太い針でほぐしてから、ペット用ブラシに通してふわっとしたウールにした。

【葉と茎は瞬間接着剤で合体】
まん丸じゃなくハート型のりんごにしたかったので、まず底面に毛を多めに足してすっきりした形に整える。次に全体に赤い毛を差し、上下にくぼみを作り、くぼみの周囲はクリームイエローやグリーンを足してりんごらしくしていった。色の違う毛を混ぜ合わすと絵の具みたいに混色できて楽しいけど、グラデーションを出すのは難しくすっかり熱中した。リアルにやりすぎても可愛くなくなるし、加減を見てパンチング終了。最後に上のくぼみに千枚通しを入れて穴を開け、瞬間接着剤をつけた茎を差し込み、茎の横に穴を開けて葉っぱを差し込み接着剤で留めて、くぼみの周りを整えて完成!
可愛く出来たのでとても満足している。
ringo2.jpg
posted by kobune at 13:06| クラフト | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

はじめてのスラッシュキルト、デニムでマット作り。

お古のジーンズが溜まりまくっているのでなんとかせねば。デニムのいいリサイクル方法ないかなーと探していても、なかなかこれというのが無かった。こないだ図書館で借りた本に、スラッシュキルトという技法で作ったデニムのコースターが載ってて、これがわりといい感じ。ちょうど別案件でキッチンマットが早急に必要なので、この際スラッシュキルトでデニムのマットを作ってみますかね。初めての試みなのにいきなり大物を作る私。まぁなんとかなるでしょ。

1,お古のジーパンを全員集合させて20センチ四方の四角いピースを10枚作る。(布のタテヨコをちゃんとする)

2,作りたいマットの大きさに別布を切って土台にする。今回は40×100センチで別珍を使用。






3,適当な布を土台布と同じ大きさを3枚切る。デニムといっしょにスラッシュされてデニムの下からのぞく布になる。柄布よりも赤とか緑とかハッキリした色の布だと良かったかな。

4,土台布の上に薄布3枚を重ね、上にデニムのピースをきっちり列べて、いっしょにまち針を打つ。

5,デニムのピースの上に斜め・正バイアスに2.5センチづつの幅に線を引いてミシンで縫う。
sla1.jpg
スラッシュの幅が広くていまいちスラッシュらしく見えない。2センチ以内がよかったと後で思った。

6,縫い目の間を土台布だけ残して、デニムと中布3枚を合わせて斜めに切れ込みをいれる。専用カッターがあれば楽らしいけど、無いので鋏でチョキチョキ。
sla02.jpg
ここまでで2日が経過した。

7,洗濯機にマットを入れて30分まわし、乾燥させる。
ここで問題発生。脱水してとり出してみたら、角っこの小さいピースがいくつかも取れてしまってた。取れたピースを集めてあとで縫い付けるのは手間だった。布に切り目を入れた後で周囲をぐるりとミシンかけておけばよかったと後悔。
乾燥させてみたらだいぶ想像してたのと様子が違う。表面のデニムはたしかに切り目がふわふわになっているのに、中に入れた綿布はちっともふわふわになっていない!!?あとで考えてみたけど、厚いデニムが中の布を守ってしまったのかな、わからんけど。
洗濯30分はかなり布にストレスがかかるようで、ミシンでおさえたはずの両端もほどけてしまっていた。これも修正にかなり時間を取られた。普通布用のミシン糸だったのでデニムを縫うには弱かったかもしれない。ミシンの縫い終わりをちゃんと返し縫いしとけばよかったな。後悔すること多し。
8,全体が少し縮んでしまったので周囲に別布の枠をつけてサイズを調整することに。厚みも少し物足りないので、裏地も厚みのある綿ツイルを1枚足して縫い仕上げた。
sla3.jpg
完成!
なんだか民芸調になってしまったけど、台所入り口にサイズがぴったりでわりと気に入ってる。これが手作りの良いところだ。デニムって藍染めぽいというか和風の雰囲気が出るよね。
posted by kobune at 17:48| クラフト | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

ペーパーフラワーの青いリース。

pepwrt.jpg

部屋に彩りが欲しいと思っていた。何かささっと作れるもので壁を飾りたい。紙や布の軽やかな素材がいいな。
ネットで紙の花の工作に目が留まった。子供のときのお遊戯会や運動会で作った、薄紙で作る他愛のないお花。でも海外サイトで見たそれは進化を遂げていた。赤白ピンクしか無かった昔と違い、クリームイエローやミントグリーンやマゼンタなど色鮮やか、花びらも1枚1枚あるように感じられる繊細な花。「これをどうしても作りたい、今すぐ作りたい!」となってしまった。そこで作業場を探し回り作品の梱包用に買ってある種々の紙を出してみた。ブルー系ばかりなので青い花のリースが作れそうだ。紙花クラフトの作り方を検索して、見よう見まねでいろいろ作ってみた。ぼかしになっている花は、半紙を買ってきて花を作ってから筆と青インクで色を付けてみた。土台は段ボール箱をドーナツ状に切り抜いて紙を貼ったもの。勢いだけで作ったのでちょっと不揃いかも。リビングの壁に飾ってある。いま第二弾フラワーペーパークラフトを製作中だ。hanaclo.jpg
部分拡大。紫の小さな花がとても気に入ってる。クロッカスのイメージで作ったの。
隣の藤色のバラは私の中でブルー・バユーのつもり。
posted by kobune at 12:58| クラフト | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

古いジュエリーボックスを修理したはなし

何年か前、母に古いジュエリーボックスをもらった。「あんたならきれいに治して使うだろうから」って。昔から母がずっと使っていたものだ。お洒落好きな母(私とは正反対!)のジュエリーボックスを開けると、ぎっしりと指輪やネックレスが入っていて、子供の頃こっそり覗くのが楽しかったっけ。

届いたボックスは、フタに貼られてあった布が取れて無くなっている。全体も傷だらけだ。特に高価なものではないけど、思い出の品。なんとかきれいに修理したい。
…と思ってから数年経過してしまった。ボックスはそのまましばらく私が製作したストラップやネックレスを収納するのに使っていたのだけど、重い腰をあげて本格修理に乗り出すことにした。
maeno.jpg

まずフタに貼る布を作らねば。イメージとしては、キラキラしてロマンチックで品のいい、昔の淑女が持っていたような宝石箱にしたい。考えた末、手持ちの西陣織の帯地にビーズで刺繍することにした。デザインは額のように金のビーズで縁取りすることだけ先に決めて、額部分から刺した。ビーズ刺繍の本をヒントに、スパンコールで花を刺し、葉を刺し。ようやくフタに貼る布が完成した。

次は布をふっくらさせる。あらかじめ布をはめ込む部分の大きさにカッティングボードを切っておき、その上に厚地のキルト芯を、順々に小さくなるようにカットした4枚を、下からピラミッド型に重ねた。キルト芯同志の間には手芸綿を薄く敷いて挟んだ。刺繍が終わった布を、重なったキルト芯の上からかぶせてカッティングボードの裏側に回し、テープで固定。これでフタにはめる布部分の完成。

箱本体にはサンドペーパーをかけて、油性カラーニスを塗った。内側の布は堅く接着してあったので、そのままにした。ニスが乾いたところで、フタに布を貼り付けてできあがり。

とこれだけのことだけど、刺繍の途中で花のデザインが思いつかずに放置したりして、足かけ3年もかかってし
まった。使えないでいたビーズやスパンコールも、活用できて良かった。見違えるようにきれいになったので満足している。

housekibox1.jpg

housekibox3.jpg

鉱物コレクションからいくつか飾ってみたよ
housekibox2.jpg
posted by kobune at 12:20| クラフト | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

即戦力ドアノブカバー

IMG_4589.jpg

「下田直子の小さな小さな贈り物」という本に載っていたピンクッションを作ってみた。中長編みの玉編みがぷっくりして可愛い。作りながら「これってドアノブカバーに応用できるな」と思った。前に作ったドアノブカバーが古くなってきて、そろそろ新しくしたかったのでタイムリー。で、早速編んでみることに。
下田さんの本には書いていないけど、玉編みは裏を出した方がふっくら見えるようだ。なので最初に細編みで中の円を編んだら、それを裏返して玉編みを編んでいって、最後に裏返して完成でいいな。立ち上がりは鎖編みを作らずに、毛糸を長めに引き出してそのまま編んでいく。玉編みの数は増減無しで、幅を広げたい時は中長編みの目を3目から4目に増やすというやり方。
IMG_4585.jpg
色を変えたネット編みをつけて完成。ドアノブにつけないでも立体的に出来た。並太毛糸を使ったので隙間もあかず、ノブにはめて握ってみたら弾力があって温かで気持ちがいい。やっと可愛くて温かいドアノブカバーが作れて大満足!
前のドアノブカバーは本の通りに作ったのだけど、ネット編みの隙間から触れるドアノブが冷たかった。仕方なく内袋を作って二重にしてはめていた。冬のドアノブは心臓麻痺を起こしそうにものすごく冷たい。北国のドアノブカバーは飾りではなく、即戦力なのだ。

Img_4600.jpg
IMG_4659.jpg
たくさん作りました☆

【ドアノブカバー作り方】
細編みで5-10-15目と増やして円を作る
円を裏返して、中長編み3目玉編みを16目編む。(立ち上がり目に1目編み入れ)
玉編みと玉編みの間に鎖編みを1目。(以下同じ)
中長編み4目の玉編み-3目の玉編み-3目玉編み-3目玉編み(中長玉編みを5段)
鎖編み4目でネット編みを4段編む。裏返す。
最初のネット編みにリボンを通してできあがり。
posted by kobune at 13:44| クラフト | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

猫のぬいぐるみ

ぬいぐるみをたくさん持っているけど、猫のぬいぐるみが一つも無い。
猫のぬいぐるみは売っているのを見ても、あまり可愛いと思うものがない。(出来や値段にかかわらず。)犬や熊やウサギやロバやブタは可愛いぬいぐるみがたくさんあるのに。なんというか、猫はぬいぐるみ向きの動物ではないような気がする。愛らしいだけじゃなく複雑な猫の魅力を、ぬいぐるみでは表現しにくいのかもしれない。

「ぬいぐるみスタイル」という雑誌に載ってた猫のぬいぐるみが気に入ったので、ぬいぐるみ2作目はこの猫を見よう見まねで作ってみた。頭は球形に綿を詰めるだけだし、体は筒型の胴体に手足を縫い付けるだけというシンプルさも、初心者には真似しやすい。その分、布使いやボタン使いにセンスが問われるようだ。

これまで裁縫は必要な日用品(湯たんぽ袋とか)しか作っていなかったため、いい感じのハギレのストックなぞ無かった(汗)。とりあえず、ありあわせの布を総動員して作った猫。
ピンクのチェック布2種は少女のころに一目惚れして買って、ほんの少し残っていたもの。こういう形でお気に入りの布を残す方法もあったんだな。今後のぬいぐるみ作りに向けて、綺麗な布を集めようっと。
ところで、私が猫だと思い込んでいた雑誌のぬいぐるみが、実はライオンだったことに製作中に気づいた。ライオンをお手本に作った猫は、顔がデカくて、凜々しい感じになった。ピンと伸びた尻尾が気に入ってる。
nunoneko.jpg
posted by kobune at 17:02| クラフト | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

ロバのぬいぐるみ

このごろ無性にぬいぐるみを作りたい。フワフワした愛らしいものを心が欲してるんだと思う。夜は買ったぬいぐるみ(アザラシとイーヨー)と一緒に寝てるけど、自分でも作ってみたい。
ぬいぐるみの作り方の本を眺めたりしているうち、衝動的にロバのぬいぐるみを作った。カレンダーの裏に適当に描いたロバの絵を型紙にして作ったので、マチと合わなくてたるんだ部分がある。(マチもロバの開きのような絵を描いて適当に作った。)最初は鼻もボディと同じ布で一続きになっていたんだけど、家族が「ロバらしく見えない」というので、鼻先をほどいて青い布と替えたり。
でも!すべてが行き当たりばったりだったわりに、かなり気に入っている。可愛いなぁと思う。1作目でちゃんと愛せるものが作れたんだから、滑り出しは上々ではないか。
中学生の時に、いちどだけキットでリスのぬいぐるみを作ったことがある。ちゃんと印通りに縫い合わせたのに、おそろしく不細工なリスになり(鼻が目の上についていた)、ガッカリして嫌になってしまった。未熟だったのもあるけど、キットも今とは違い粗雑なものだったのだろう。たとえ縫うのが下手でも愛着が持てる物が出来たなら、ぬいぐるみ作りをもっと早く始めていたかもしれない。

実は子供の頃から大の「ロバのぬいぐるみ」好き。ロバばかり持っている。なので、必然的にぬいぐるみデビュー第1作目がロバになった。自分で作ったロバは、昔母が作ってくれたロバにどことなく似ている。

haturoba1.jpg
haturoba2.jpg

母が作ってくれたロバたち
haharoba.jpg
posted by kobune at 18:40| クラフト | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

羊毛フェルトの王冠リング

ほんの思いつきでなんとなく、フェルトのリングが作ってみたくなった。
無心になって羊毛をグサグサ針で刺す作業は、パソコン作業に倦んだとき、いい気分転換になるのだ。

まず材料作りから。1玉未満の残り毛糸を有効利用する。毛糸を3センチくらいづつ切って、繊維をほぐしていく。原毛が必要なだけ溜まるまで、この作業を延々と繰り返す。選んだのが極細毛糸だったので(しかも古い毛糸でかなりフェルト化が進んでた)リング1個分の原毛にほぐすのに丸2日かかった。

今回はリングの部分まで全部フェルトにする。まずトップを作る。王冠を形作り、絹糸を縫い付けて、てっぺんにスワロフスキーのそろばんビーズを縫い付けた。

リング部分はフェルトで紐状のものを作り、ある程度の太さになったら輪っかにして、トップとくっつける。そこから気に入った太さや形になるよう、原毛を足しながら刺していく。ときどき指を入れてサイズチェックを忘れずに。

ということで出来た!とっても軽くてはめ心地の優しいリング。
パソコンをするときに、気分次第でつけている。
fering.jpg
posted by kobune at 21:44| クラフト | 更新情報をチェックする