2017年07月21日

楽しい卵焼き器生活

寝ながらタブレットで料理動画にはまっている。30秒くらいで料理がどんどんできていくのが面白い。流行のレシピなどにも詳しくなってきた。最近はTwitterなどで拡散されて瞬時に人気が出たレシピがいろいろあるらしくて、「鈴カステラフレンチトースト」はすぐ真似してみたけど自分には甘ったるくて無理だった。
それでこのところ流行っているのが「かくたこ」らしい。卵焼き器をつかって四角く焼いたたこ焼きだ。たこ焼きは大好き。うちにもたこ焼き器があるけど、作るのが面倒で何年も仕舞いっぱなしになっている。卵焼き器さえあればかくたこは楽に作れそうだ。
卵焼き器で作る玉子焼き以外の料理をさがしたら、四角い餃子、四角いパンケーキ、バームクーヘン、ミルクレープなどおおーと感心するレシピがたくさん出てきた。これは卵焼き器を買っきゃない、検討の結果ダイヤモンドコーティングで手ごろな値段の卵焼き器を購入した。

卵焼き器は初めてなのでまずは玉子焼き作りから。最初はうまく巻けなかったが、ダイソーのヘラがまっ平らすぎて卵がひっかからないせいだと思っていた。その後Youtubeを見て研究したら上手に作れるようになった。卵を巻くときに卵焼き器を向こうに傾けて、手前に戻す反動を使うとうまく巻けるのだ。ヘラのせいじゃなかった。でも卵を巻いたり上下を返すのにヘラは真っ平らのより下が少しカーブしてる方が使いやすいように思う。玉子焼きを切るときは平らなヘラだとそのまま切れて便利だけども。
卵を巻けるようになるといろいろな具を巻き込みたくなる。ソーセージ、かにかま、インゲン、ズッキーニ、ししゃも。長細い物があればとりあえず巻いちゃえとなる。卵の中にコーンとか海苔とか粉チーズとか混ぜて焼くのも美味しい。お弁当に毎回入れていた玉子焼きは急にバリエーションが増えて家族に喜ばれた。
うちでヒットになったのはスーパーで売ってる魚のすり身を長細く整えて卵焼き器でいちど焼き、それを巻き込んだ玉子焼きだ。柔らかくて口当たりが良く魚の香りがして家族に好評だった。
少量だけ調理するの時にも卵焼き器は便利だ。明日のお弁当分だけ少し野菜を茹でたいなどにも対応できるし、汚れは拭き取るとほとんどきれいになるので洗うのも楽だ。
そんなわけで最近すっかり卵焼き器ざんまい。まだかくたこは作ってないのだけど、バームクーヘンみたいに巻くロールケーキは作ってみた。オーブンを温める手間も無いし、思いつきのレシピにも直感的かつ手軽に試せて短時間で調理できる卵焼き器はたのしい。久々に良い買い物をしたと思う。
posted by kobune at 14:22| 北海道・オホーツク | 更新情報をチェックする