2017年01月11日

爪の黒い点はBad News?

風呂上がりに爪を見て思わず「バッド・ニュース!」と声を上げた。家族がどうしたというので「爪の中に黒い点が出てる」と言ったら、なーんだみたいな薄い反応。いやいや爪に黒い点が出るとあまり良くないことがあるんだって、毎回。

爪の中の黒点を気にしだしたきっかけは、数年前に手相にはまったことだ。図書館で何冊も本を借りてきてじっくり読んだ。でも手相は複雑なうえ個人差が大きいので、本を読んだくらいではなかなか理解し難くてそのうち忘れてしまった。ただ指の爪に時々できる点の話は記憶に残った。爪に白い点ができればラッキーなことがあって、黒い点ができるとアンラッキーなことがあるという。詳しくは忘れたけどどの指にできるとどういう意味があるとかも書いてあった。なんか女子中学生レベルだなぁと思いつつ。

爪に白い点はラッキーというのは子供の時にきいたことがある。出てもラッキーなことが起きた記憶が無いので別に信じてなかったけど、爪に白い点が出ること自体がまれなので見つけるとなんだか嬉しい。
でも黒い点については特に気にしたことがなかった。クラフトでペンチや工具を使ってると指を挟んだり強打するなどはしょっちゅうで、指先の怪我自体に無頓着になる。爪の黒点に気づいても何かで突いたのかなくらいで気に留めていなかったのだけど、手相の本を読んで以来すこし気になるようになった。






手相マイブームからしばらくして、爪に黒い点が出来た。(いつも黒点で不思議なのは昨日まで無かった場所に忽然と出来るところだ。白い点だと爪の根元から出てくると思う。)何かあったらやだなぁと思いつつ数日、次回の爪切りで黒点とやっとおさらばできるところまできてバッドニュースが訪れた。その当時やってたブログ量産アフィリエイトで一気に何十ものブログが大量削除されると通告が来て、膝から崩れ落ちそうになった。

最近では去年(2016年)の8月に大きな黒点が出た。このときは北海道が約1ヶ月も雨が続いたあげく台風10号の直撃を受け豪雨災害に見舞われた月だった。21日に一泊で札幌ドームのファイターズ対ソフトバンク戦を見に行く予定で何ヶ月も前から楽しみにしていたのだが、爪にできた黒点を見て「これもしかして行けないんじゃないの…」と嫌な予感がした。やはりというか数日前から集中豪雨になり、前日になってついに自宅周辺に避難勧告が出て石北線ストップ、石北峠も通交止めになり交通機関が全滅。ギリギリまで迷ったけどタヌがそのとき怪我をしてたのもあり観戦は諦めた。我が家も二階と奥の部屋で一部の天井が崩落したりと被害が出た。

そんなこんなで爪の黒点は私にとってBad Newsの知らせだけど、今のところ低レベルなBad Newsで済んでるとも言える。ブログ削除の件では家計に集中豪雨ではボロ家にダメージが出たけど、自分も家族もとりあえず無事でいられてるし。豪雨の時もし札幌行きを強行していたら、途中で足止めされて結局行き着けずやっと家に帰り着いたら天井が崩れて水浸しの大惨事だったはずだ。黒点のおかげで「無理に行ってもたぶん良いこと無い」とすっぱり野球観戦を諦めて、豪雨に身構えるよう切り替えられた面もあったと思う。
爪の黒点は「何かあるかもしれないけど心構えをしときなさいよ」という知らせだと思って、これからも出たら苦笑いで気をつけようと思う。
posted by kobune at 23:36| 散文 | 更新情報をチェックする