2013年05月22日

タムロンのマクロレンズで花の撮影

このごろ、新しいタムロンのマクロレンズで庭の花を撮るのにはまっている。
4月中旬以降ずっと低温と曇りだったのがやっと回復してきたので、日が差せばカメラを持って庭に出る。ズームで気軽に寄ったり引いたり出来たのと違って、背の低い花をフレームに入れるには、自分が寝っ転がったりしなければならならず(おかげでいつも服の肘と膝を汚してしまう)逆にそれが新鮮で楽しい。猫が生活からいなくなって以来、写真を撮るのが激減していたけれど、久しぶりに写真フォルダにファイルが増えている。タムロン SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USDは使った感じ、ピントも合わせやすいし、明るくシャープに撮れるしボケもきれいだし、とても満足している。スナップもいい感じだ。大売れ中の「Canon EF 100mm F2.8L マクロ IS USM」に比べてまだ使っている人が少ないのも、私的にはポイントが高い。ただしずしりとした重量があるので、持ち歩きは慎重になった。カメラバッグも買い換えなきゃいけないかも。

庭の花の写真を少し貼る。ぼかして撮るのにはまっているので、そういう写真ばかりだけど。もっと腕を上げたいな。

nw3.jpg

nw1.jpg

nw2.jpg

nw4.jpg


posted by kobune at 22:40| Photo | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。