2017年01月22日

オホーツク風芋もちを作る

レシピサイトで「北海道伝統の芋餅」というのを見つけたので作ってみた。食べてみるとあまりもちもちしていない。あれ、いつも食べてるのと何か違う?地元オホーツクで売ってる芋もちはもっとねっちりモチモチしてる。ジャガイモとでんぷんという材料は同じだけど配合が違うようなのだ。あと一般的な芋餅の方は小麦粉を入れることもあるらしい。
オホーツク地方の芋もちは基本的にジャガイモとでんぷんだけで作り、一般的な北海道の芋餅よりもでんぷんの割合が高くねっちりしているのだそうだ。(北海道では片栗粉をでんぷんという。当節の片栗粉はジャガイモデンプンなので、北海道の呼び方の方がしっくりくる。)

以前サイトで大好物の「グノッチ」というフランス版芋餅みたいなジャガイモのおやつを紹介したことがある。グノッチはジャガイモに卵、バター、小麦粉、牛乳をまぜてバターで焼く。べたべたした生地なので整形がちょっとめんどいし材料も多い。
でも芋もちは材料たった2つだけでおさいふに優しい。作るのも超簡単、小学生でも作れる。お腹すいた!と作り始めても20分くらいで食べられる。そして美味しい。
ふだん食べ慣れてる芋もちが食べたいということで自分で作ってみた。ついでに作り方を書いてみた。
immchi.jpg

【芋もちオホーツク風 レシピ】
2人分の材料:大きいジャガイモ2個 片栗粉半カップ 牛乳3分の一カップくらい(牛乳はなくても可)
ジャガイモは私は「きたあかり」を使う。火の通りが早いし甘みがあって美味しい。男爵の半分のスピードでできる。ぜひ一度きたあかりで作ってみて。

1、ジャガイモの皮を剥き細かく切って鍋へ。(水にさらす必要なし)かぶるくらいの水を入れて柔らかくなるまで茹でる。
2、ジャガイモが柔らかくなったらお湯を捨て(水分を飛ばし粉ふき芋にする必要なし)熱いうちにすりこぎなどでよくつぶす。
3、うちわなどで扇いであら熱をとってから、片栗粉半カップと塩ひとつまみを入れて木べらなどでよく練る。固さは牛乳か水で調節。このときジャガイモが熱いままで片栗粉を投入すると、ねばねばになって混ぜるのが大仕事になるので注意!
4、上を大きめのピンポン球くらいに丸めて、うすく油をひいたフライパンに並べて火をつける。テフロンなどのくっつかないフライパンがベスト。(この時たくさん並べすぎないこと)ジャガイモ球をげんこつで押しつぶして、すばやく1センチほどの厚さに平たくする。
5、弱めの中火で1分ほど焼いて焼き目をつけたらひっくりかえし、フライパンに3箇所ほど水を垂らす。フタをして弱火で2分ほど蒸し焼き。この蒸し焼きで半透明&もちもちのいも餅になる。
6、フタをとって油を少し差し、表面を両側ともカリッと焼いてできあがり。

※上記の配分だとかなりもちもちの芋もちになる。片栗粉は好みに合わせて増減する。

【たれの作り方】
しょう油大さじ4、みりん大さじ2、砂糖大さじ1、片栗粉少々をカップに入れてレンジで20秒チン。これをかけるか刷毛で塗る。
私は芋餅を焼いた後のフライパンにたれの材料を直接入れて煮立て、芋もちを戻してからめてしまう。
完成した芋もちに海苔か青のりを振っていただくと香りも良くてとても美味しい。
posted by kobune | 北海道・オホーツク

2017年01月11日

爪の黒い点はBad News?

風呂上がりに爪を見て思わず「バッド・ニュース!」と声を上げた。家族がどうしたというので「爪の中に黒い点が出てる」と言ったら、なーんだみたいな薄い反応。いやいや爪に黒い点が出るとあまり良くないことがあるんだって、毎回。

爪の中の黒点を気にしだしたきっかけは、数年前に手相にはまったことだ。図書館で何冊も本を借りてきてじっくり読んだ。でも手相は複雑なうえ個人差が大きいので、本を読んだくらいではなかなか理解し難くてそのうち忘れてしまった。ただ指の爪に時々できる点の話は記憶に残った。爪に白い点ができればラッキーなことがあって、黒い点ができるとアンラッキーなことがあるという。詳しくは忘れたけどどの指にできるとどういう意味があるとかも書いてあった。なんか女子中学生レベルだなぁと思いつつ。

爪に白い点はラッキーというのは子供の時にきいたことがある。出てもラッキーなことが起きた記憶が無いので別に信じてなかったけど、爪に白い点が出ること自体がまれなので見つけるとなんだか嬉しい。
でも黒い点については特に気にしたことがなかった。クラフトでペンチや工具を使ってると指を挟んだり強打するなどはしょっちゅうで、指先の怪我自体に無頓着になる。爪の黒点に気づいても何かで突いたのかなくらいで気に留めていなかったのだけど、手相の本を読んで以来すこし気になるようになった。






手相マイブームからしばらくして、爪に黒い点が出来た。(いつも黒点で不思議なのは昨日まで無かった場所に忽然と出来るところだ。白い点だと爪の根元から出てくると思う。)何かあったらやだなぁと思いつつ数日、次回の爪切りで黒点とやっとおさらばできるところまできてバッドニュースが訪れた。その当時やってたブログ量産アフィリエイトで一気に何十ものブログが大量削除されると通告が来て、膝から崩れ落ちそうになった。

最近では去年(2016年)の8月に大きな黒点が出た。このときは北海道が約1ヶ月も雨が続いたあげく台風10号の直撃を受け豪雨災害に見舞われた月だった。21日に一泊で札幌ドームのファイターズ対ソフトバンク戦を見に行く予定で何ヶ月も前から楽しみにしていたのだが、爪にできた黒点を見て「これもしかして行けないんじゃないの…」と嫌な予感がした。やはりというか数日前から集中豪雨になり、前日になってついに自宅周辺に避難勧告が出て石北線ストップ、石北峠も通交止めになり交通機関が全滅。ギリギリまで迷ったけどタヌがそのとき怪我をしてたのもあり観戦は諦めた。我が家も二階と奥の部屋で一部の天井が崩落したりと被害が出た。

そんなこんなで爪の黒点は私にとってBad Newsの知らせだけど、今のところ低レベルなBad Newsで済んでるとも言える。ブログ削除の件では家計に集中豪雨ではボロ家にダメージが出たけど、自分も家族もとりあえず無事でいられてるし。豪雨の時もし札幌行きを強行していたら、途中で足止めされて結局行き着けずやっと家に帰り着いたら天井が崩れて水浸しの大惨事だったはずだ。黒点のおかげで「無理に行ってもたぶん良いこと無い」とすっぱり野球観戦を諦めて、豪雨に身構えるよう切り替えられた面もあったと思う。
爪の黒点は「何かあるかもしれないけど心構えをしときなさいよ」という知らせだと思って、これからも出たら苦笑いで気をつけようと思う。
posted by kobune | 散文

2017年01月06日

あけました。

新年の夜、布団に入ってから年賀状のイラストを考えてたら、酉年のイラストがパッと浮かんだ。もう考えた瞬間に思いついたって感じで。面白い図案だったので寝ながらひとりでクスクス笑った。そして翌日書き起こしてみたのが下の絵。チラシの裏に鉛筆でゴリゴリと10分くらいで描いた。夫に見せたらウケていた。
217sitae.jpg
踏ん張ったニワトリと元気の良いヒヨコ、脳天気な鶏家族。もっとたくさんのヒヨコが組み体操してるのも描こうと思ってたけど、葉書に収まるよう2羽だけになった。下絵が出来たのでPaintShop Proでトレースして色を付けた。久しぶりでベジェ曲線のやり方をすっかり忘れていたので、丸1日かかった。イラストレーターじゃないんだから絵なんか下手でいい。ともかく勢いがあって元気な感じにしたかった。年賀状は元気な絵柄が好きだ。自分から出すことはほとんど無いけれど。メールとかで十分と思っている方なので。
ちょっと脱線するけど、郵便局員の年賀はがきのノルマは1人8000〜1万枚なのだそうだ。非正規職員にも1000枚以上ノルマがあるという。年賀状は年々減ってきてて、日本郵政は嵐でキャンペーンCMを作ったりして年賀状の習慣を守ろうと必死だけど、年賀はがきの売上げは全国の郵便局員が泣く泣く身銭を切って支えているのが現状だ。LINEやら便利なものがあるのに、誰かの犠牲で大々的に続けないといけないことなのか?出したい人だけが出しあえばそれでいいじゃないと思う。細々とでもその方が素敵ではないだろうか。
さて、完成画像は夫が文字を入れて年賀状にプリントアウトしてくれた。気に入ったのでブログにも載せることにした。
とまれ、2017年も宜しくお願いいたします。

217tori.jpg
posted by kobune | 散文
広告