2015年01月27日

ニードルフェルトでりんごのピンクッションを作る。

ringo1.jpg
買ったまま放置してあった羊毛フェルト用の羊毛(未染色)でピンクッションを作ることにした。どんなデザインにしようか、なんか面白いのがいいなとネットで画像を見ていたら、羊毛フェルトのりんごが可愛かったので、りんごのピンクッションに決定!

参考にしたのはこちら。
etsyのりんご 凝っていて可愛い。

【自作のニードルが活躍】
まずはりんごの形を作る。羊毛の塊をりんご大に丸めてニードルでぐさぐさ刺してみるが、刺しても刺しても固まらない。丸1日刺し続けたのに手で握るとまだグニグニしている。もしかして小さめの玉から徐々に大きくしてくのが正解だったかも!?と気づいたけど後の祭り。いつも適当にぐさぐさやって形になればいいやって感じなので、ニードルフェルトはほぼ素人だ。仕方なくリンゴ大の毛の塊と格闘するうち、力が入りすぎてニードルが折れてしまった。レギュラーの針は1本しか無いのに、ショック。。

すぐニードルを通販で注文したが、届くまでは2本ある仕上げ用極細針で作業を進めることに。2本一緒に持って刺していく。すっと通るのでむしろやりやすくなった気がする。でも2本一緒に持つと針先がずれやすくて軽いストレス。そこでちょっと工夫してみた。
needle.jpg
木片の上に極細ニードル2本を並べてエポキシパテで固め(写真左)、このままでは見た目がアレなので布で巻いた(写真右)。この手製の2本針はすごく具合が良い。まっすぐに針が入るので作業スピードが格段にアップしたし、折れにくくなった気がする。毛羽立ちの処理にも2本針は便利。簡単にかなり使えるツールが作れたので、気分良く作業を進めてようやくりんごが形になった。

【羊毛は食紅でもけっこう染まる】
次は赤く染めることに。染料は余り物の利用で食紅と赤インクを混ぜたもの。食紅ほぼ1本と赤インク少々と水を小鍋に入れて煮立て、白りんごを入れてトングで時々上下返しながら少し煮る。火を止めて完全に冷めるまで放置(途中で一度上下を返した)。
赤くなったリンゴを水で洗う。ぎゅっと絞ってまた洗いを何度か繰り返して、赤い水があまり出なくなったので、お酢と塩を多めに入れた水でリンスして色止めし、よく絞って染色終了。いちおうネットで調べたものの色止めはかなり適当だ。重曹があれば重曹も入れた方がいいらしい。食紅ではどうだろうと思っていたけど、フェルトはきれいに真っ赤に染まった。ややピンクっぽい赤。






【りんごの茎と葉を作る】
乾燥させている間にりんごの茎と葉を作る。茎はモールに茶色の毛糸を下からくるくると巻き付け、上まで行ったらまた巻きつけながら下り、2往復して4重に毛糸を巻き付けた。毛糸の上からニードルで刺してしっかり固めて茎はできあがり。
葉は100均で買った緑色のフェルトをボンドで3重に貼り合わせてから、葉っぱの形に切った。りんごに差し込むので、葉の根元の部分を長めにしておいた。

【毛糸をほぐしてウール作り】
半日掛けて乾かしてみたら、りんご大だったりんごは野球の硬球くらいに縮んでいた。染色の時に押したり絞ったりしたせいか、上下のくぼみが無くなってただのボールみたいだ。再び2本ニードルで刺してりんごの形に整えたけど、なんだか不満。ピンクがかった赤がいまいちりんごらしくないし、全部が同じ色あいでニュアンスに乏しい。なので色を足してもう少しりんごっぽさを出すことにした。
手持ちの毛糸をほぐして差し色用の素材を作る。真紅、黄色、クリームイエロー、ライトグリーンの毛糸を、5センチくらいに切って太い針でほぐしてから、ペット用ブラシに通してふわっとしたウールにした。

【葉と茎は瞬間接着剤で合体】
まん丸じゃなくハート型のりんごにしたかったので、まず底面に毛を多めに足してすっきりした形に整える。次に全体に赤い毛を差し、上下にくぼみを作り、くぼみの周囲はクリームイエローやグリーンを足してりんごらしくしていった。色の違う毛を混ぜ合わすと絵の具みたいに混色できて楽しいけど、グラデーションを出すのは難しくすっかり熱中した。リアルにやりすぎても可愛くなくなるし、加減を見てパンチング終了。最後に上のくぼみに千枚通しを入れて穴を開け、瞬間接着剤をつけた茎を差し込み、茎の横に穴を開けて葉っぱを差し込み接着剤で留めて、くぼみの周りを整えて完成!
可愛く出来たのでとても満足している。
ringo2.jpg
posted by kobune at 13:06| クラフト | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

知りたいこと。

私がいま興味を持っていて知りたいことを箇条書きにしてみる。
● 地球以外にも生命はいるのだろうか
● 人類以外に知的生命はいるのだろうか
● 地球にどうやって生命が生まれたのだろう
● 生命はいつから「心」を持ったのだろう
● 何のために「心」はあるんだろう
● 魂って何だろう。心との違いは?
● 命はいつから魂を持つようになったのか
● 死んだ後の世界は地球の(宇宙の?)どこにあるのか
● 霊界や霊、魂は物理で説明できないのか
● いつから人間は人間は知性を持つようになったのか、なぜ知性を持ったのか
こういう質問を羅列すると「オカルトづいた危ない人」みたいだけど、人間が神秘に惹かれるのは当たり前のことだと私は思う。なぜなら人間自体がよくわけのわからないUMAみたいな神秘的な存在だから。夜空をぱっと見上げて見える星には(今のところ)ぜんぜん生命は見つかっていない。なのに地球にだけ多様な生物がいてその頂点に人間がいて、嬉しいの悲しいの宗教やら政治やら恋愛やらで騒いでいる。実に不思議だ。科学が発達したといっても生死の判断も魂の存在も証明できないでいるのだ。科学が進歩して地球と生命と人間の不思議が解明されたどころか、謎はますます深まっている。ただひとつ確実なのは人間も宇宙の一部、「我々は宇宙の子供」だと言うことだけ。だから星の運行に人の運命を見ようとするのもこれまた当然という気がする。
人々は太古から”人間は霊的な存在”だと感じてきた。それは見えない世界に祈りを捧げ、さまざまにアクセスを試みてきた人類の歴史を見れば明らかだ。霊や魂ってなんなのだろう?死後の世界は宇宙のどこにあるのだろう。私は科学によってそういうものを探して欲しいと思っている。
posted by kobune at 22:39| 散文 | 更新情報をチェックする