2014年02月13日

北海道のパワースポット

「北海道のパワースポットってどこ?」と尋ねられたとして、私は「北海道自体が巨大なパワースポット」と答えたい。
世知辛い都会の真ん中から北の大地に移住して十数年。以来ずっと北海道の大自然のパワーには日々圧倒され続けているからだ。もともと日本人は自然の中に霊性見出して神としてきたのだったのだし、それを考えたら自然がまだ荒々しく神秘的な力を充分に発揮している土地が北海道だと思う。人間が飼い慣らすにはあまりにも厳しい自然環境だからこそ、現代でもそのパワーがたいして減ることなく保たれているんじゃないかと思う。
「でも、もうちょっとポイントを絞ったパワースポットを教えて」と言われたら「カムイ~」という地名に注目してみて。カムイはアイヌ語の神様のこと。”神威なになに”とついた地名が北海道にはたくさんある。カムイ○○という地名は、だいたい難所に多い。そして岬などに多い。人の力ではどうにもままならない自然の猛威や恐怖に畏怖して神の名を冠した場所なのだ。
私の住むオホーツク地域なら、能取岬をパワースポットに推したい。流氷の時期が最もパワーが漲っている感じを受けるけど、別に夏でも、いつの季節でも構わない。岬に立って海を全身に感じてみる。ちっぽけな肉体の意識は飛び去って、自然と一体・ひいては宇宙と一体の感覚を味わえたなら、何か体内がきれいになって静かなエネルギーに入れ替わったような気分になれるかも。
摩周湖で眺める摩周岳、阿寒湖で見る雄阿寒・雌阿寒も強力なパワースポットだと感じる。
Img_1560.jpg
posted by kobune at 17:09| 北海道・オホーツク | 更新情報をチェックする